恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

息子の子育て中でアラサーのナオさんが妊娠生活や日常を綴ったり食レポしたりするブログです。

最近ユースキンAさんの株が急上昇している話。

突然ですが、私は敏感肌の乾燥肌です。

 

今まで、日焼けしても赤くなったりヒリヒリしたりすることもなく、乾燥どころかどちらかと言えば油田持ちで、テカテカブイブイいわせているバブリーな肌だと思っていました。

 

ところが30歳手前でアラサーを意識しだした頃から、急に肌質が180度変わることになります。

枯渇。

油田の枯渇です。

 

思えば、肌は乾燥すると自分を守るために皮脂を分泌するというので、テカテカブイブイいわせていたのは本格的に乾燥肌に変身するための最後のひと盛り上がりだったのでは...と思ってしまうほどの変わり様でした。

ちょっと湿度が低い季節などは、気づくと鼻のところの皮がむけています。

潤いが...保湿が...!

足りない...!!

 

そしてカサカサに比例し、ちょっと化粧水などが合わないとヒリヒリし出す様にもなり、カサカサヒリヒリ、マジ勘弁して! という有様でした。

ファンデーションがキレイに乗らずにウロコみたいになってしまうんですよ。

最初は焦ったな〜!

仕方がないのでウロコ出勤しましたけど。

 

多分、油田だと思って皮脂を落としすぎて、皮膚が薄くなってしまったんですよね。

 

今は、ちょっと調子に乗って洗顔でちょっと力が入って顔を擦ってしまったり、洗顔の回数が多かったりすると、容赦無く化粧水がピリッとしみてきます。

繊細過ぎて自分でもビックリする。

なんなら、ナオじゃなくて本気で薄肌と名乗ろうかと思ったくらい、敏感肌に傾いたなぁと実感しています。

 

そんな訳で、産休で合法ニートとなった今はめっきり化粧が薄くなり、今は基本石鹸で落ちる感じで顔を作っています。

崩れないし、意外と快適なので気に入っています。

 

化粧水も、何だかんだでアベンヌの温泉水はどんなときでも肌がピリピリしないので愛用しています。

だけど本当は美白とかエイジングケア的な化粧水とか使いたい。

だってアラサーだもの。

 

とは言いつつ、子どもとお風呂に入りながら適当に温泉水のコットンパックをし、その後顔全体に万能クリームユースキンAをぬる(!)、という繊細さと大胆さを併せ持ったやり方が肌に合っている様で、ピリピリとかカサカサは劇的に改善されました。

ありがたい。

必要がないのでやりませんが、多分しっかりしたお化粧も出来るんだろうなぁと思います。

この調子で、肌荒れしないでいて欲しいなぁ。

 

ちなみにユースキンさんは、現在7ヶ月のお腹の妊娠線ケアにも使っていますが、今のところ何のトラブルもありません。

これで無事に出産を終えて、冬の乾燥肌にも問題なく立ち向かえたら、私はユースキンさんのストックを切らさぬよう一生涯の友として共に歩んでいこうと心に決めました。

 

何だか壮大な話になってしまった。

終わります。