恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

息子の子育て中でアラサーのナオさんが妊娠生活や日常を綴ったり食レポしたりするブログです。

せっかくなので今回の出産や陣痛を振り返ってみましたよ。

そういえば今回の陣痛や出産は前回と違ったことがたくさんあったので、せっかくだから記憶が薄れないうちに綴っておこうと思います。

 

今回はね、本当に短期決戦でしたよ...!

 

特にラスト15分は、ここは精神と時の部屋か? と思うくらいの濃密さでした。

あの濃密な15分がコナンくんの前半とか、授乳しながらふんわり過ぎていく15分と同じ時間だなんて信じられないですよね。

...ビックリです。(真顔)

 

あとは、『経産婦』というだけで、かなりのことの判断をこちらに任せていただける、というのが驚きでした。

ちなみに、子宮口7センチくらいまでは「行ってもいいですよ」と言われたので自分で歩いてトイレに行っていました。

管でも取れるよと言われたのですが『管で取る』とかなんだか敵が見えなくて怖すぎたので、自力で歩く方を選択しました。

一度トイレに向かう途中で陣痛がきて肝を冷やすこともありましたが、おかげさまで尿意のストレスとは無縁のお産が出来たので有り難かったです。

ちなみに娘が産まれた後で助産師さんに、「経産婦さんに歩いてトイレまで行ってもらうのって、こちらとしても賭けなんですけどね」みたいなことを言われたので、それはもちろんこちらだってゴクリ...! という感じだったのですが、歩いたお陰でお産が進んで無事に出産できたので本当に良かったなぁと思いました。

 

というエピソードをはじめ、「経産婦さんだと感覚で分かると思うので、いきみたかったら言ってくださいね!」みたいな、どこまでもこちらの判断に委ねられる感じ...新鮮でございましたよ。

ちなみに今回私は、子宮口が8センチ開いたところで「いきみたかったらいきんで良いですよ」と言われました。

「マジで!? 8センチでいいの!?」と思いつつ、母子のためにも10センチまで待ってた方が良いような気がしていきみ逃しをしていたのですが、助産師さんにナビされる力の入れ方が結局いきんでるのと変わらないのでは...? と思い「じゃあいきみます」と宣言したところ、8センチでいきむ→直後に子宮口が全開になる(!)という、まるでジェットコースターな急展開を経験してきました。

経産婦ハンパねぇ...! と思ったのを覚えています。

 

そしてそこから15分で娘が出てきたわけですが、その前までの流れの痛みが緩やかだったのでいざ出てくるときのいきみ等の痛みがより際立つ...という、痛みの一括払いのような有様でした。

例の子宮口8センチまでは、事あるごとに助産師さんに「お産って確かもっと痛かったはずですよね...?」と確認するくらいの余裕があり、むしろこの状態から余裕がなくなっていく過程を想像すると恐ろしい...という複雑な状況だったのですが、見事に余裕がなくなり、そこからお産も30分くらいで終了するという、こちらもボチボチジェットコースターのような急展開を体験をして参りました。

...まぁ、その前の4時間くらいが緩やかな上り坂だったので致し方なしですね。

 

そしてお産が短期決戦だったので身体の疲れや傷も軽かったためか、産んだあとは断然今回の方が楽でした。

産後は断然今回の方が楽! (2回目)

前回の方がボディーはボロボロでした。

確か産後の何日かは円座が手放せなかった気がする...

でも、後半の余裕のなさで言ったら今回の方が大変だったかなぁ...?

前回もボチボチ大変だったと思うのですが、詳細は大体忘れてるのがすごいですよね。

 

ちなみに前回の出産直後は「2人目とか考えられない...陣痛とか果てしない...」とか思っていたのに、1年くらいすると「2人目が出来たらいいなぁ...」とぼんやり考えられるようになるので、いやぁ女の人ってたくましいなぁと思いました。(他人事)

不思議ですよね。

もうすでに今回のお産の記憶も薄れつつあるので、それも不思議ですよね。

(※ 個人差があります。)

 

そんな感じで、薄れつつある記憶なのですが人生にそう何度もあることではないので、せっかくだから思い出にと思い出すままに書いてみました。

 

もしかしたら陣痛が怖すぎて落ち着かない妊婦さんもいらっしゃるかもしれませんが、私は、紙で指を切ったときは心臓の鼓動に合わせてジンジンするのが痛すぎて見るのも怖いので、必ず絆創膏で隠すことにしている...という痛みに弱いへっぴり腰なのですが、いざと産まなきゃ終わらないとなったら肝が座ってちゃんと産めるっぽいので、『案ずるより産むが易し』というのは上手いこと言ってるなぁと思いましたよ。

あと、陣痛には波があるので、意外と休む時間があるのに驚くかもしれません。

そして赤ちゃんが出てきたあとはテスト明けのような爽快感があるので、未体験の妊婦さんにはぜひあの爽快感を満喫していただきたいです。

 

それにしても今回つらつらと私の思い出を語らせていただきましたが、周りの先輩方にお産の思い出を聞いてみると出産の数だけ武勇伝やエピソードがあるんだなぁ...と実感するので、色々なママさんたちに武勇伝を聞いてみたいなぁと思っています。

 

それでは、本気で全ての妊婦さんの安産を願いつつ終わります。(真顔)

ハッピーハロウィーンと新生児と、アイドル出現に荒れに荒れた息子のはなし

気がついたら10月も終わりですね。

今日が31日だと思ったらサーティワンのアイスのサービスデーだったことも思い出し、ついでにブログのことも思い出したのでちょっと思いを綴ろうと筆をとった次第です。

なんかキャラが定まらないのですが、ブログを書いていたことが遠い日のことのように思えます。

妊婦だった私はもういませんからね。

中の子、もう外に出てきてますからね...!

 

そういえば、新入りの娘はとても元気です。

お腹の中でもエコーの時とかここぞ! というときに寝ている子でしたが、やっぱり外に出てきてもよく眠る子です。

おっぱいを飲ませてベッドに置いておくと、自分で勝手に眠ったりしていて驚きます。

赤ちゃんって1人でも眠れるんですね...!

第二子あるあるらしいですが、娘も今のところ比較的手がかからない子です。

マジでありがたい。

 

ですが、娘に手がかからない分、息子が大変なことになってました。

新しいアイドルの出現に、現在の地位を脅かされないかと不安になってしまった息子が、私の入院中に実家でちびっこギャングになり、それはもうてんやわんやで大変でした。

事あるごとに因縁をつけてきたり泣きわめいたり大荒れだったようです。

パパも巻き込んで不満をぶちまけてどうにもならず、夜の寝かしつけは電話をつないで私がやるという地獄絵図でした。

遠隔での寝かしつけなんてはじめて...!

でも、私が退院して赤ちゃんがいる環境にも慣れてきたのか、今は日に日に落ち着いてきているようで心底安心しました。

とはいえやはり赤ちゃんに対してのヤキモチはあるようで、ちょっとしたプチ反抗期は続いています。

が全盛期を知っている分、これくらいは可愛いものです...

ばぁばが今でも事あるごとに、『いつも一緒にいたママがいないっていうのはやっぱりすごいストレスなんだね...』という感じのことを言っているので、私が帰ってきてからも相当アレなことになってましたが、私の不在時はものすごい暴れぶりだったようです。

誰だ! 「実家へのお泊まりが楽しそうだったので入院中も安心☆」って言ってたの...!( ※ 私 )

とんでもないわ!

 

そしてそのばぁばの見解で、『ママが抱っこすると精神的に落ち着くのではないか』ということになり、新生児の娘にも手はかかりますがそこはじぃじやばぁばやパパに任せてがっつり息子を構う時間を作らせてもらうことになりました。

2歳半の息子の初めての試練ですからね。

それはもう、落ち着くまでこちらも頑張りますよ...!ってことを考えながら、何となく新生児をお世話しています。

もはやオマケのようである...!

第二子はそんなに手がかからないような気がしていますが、それはきっと序章に過ぎないのでしょうね。

いや、多分これからだ、これから。

 

ただ、新生児ってめっちゃ天使ですね。

なんて小さいんだろう。

なんて可愛い動きなんだろう。

なんて可愛い声なんだろう...!

新生児をベッドに置いておくと、色々な音がしてきます。

「ふしゅる〜...」「フゥーン...」「キュウーン...」など、真顔で「可愛いなぁ...」と萌える日々です。

そして「ほぎゃあ、ほぎゃあ」って、久々にきくとビックリしますね。

フレッシュな感じで。

 

そんな感じで相変わらず小さい世界で楽しく忙し目に暮らしています。

そして相変わらずパトレンジャーとか仮面ライダージオウとか、言いたいことがたくさんあります。

時間が出来たらまとめて想いをぶちまけたいと思います...!

第二子、産まれました。〜妊婦生活 最終章〜

昨日の妊婦健診で「よーく運動してね」と言われたので色々張り切った結果、13日の午前2時過ぎに3180グラムの女の子が出てきました。

というか、お互い頑張りました...!

 

なんかもう、「遅れそうだねー」からの急展開にビックリですし、病院に行ったら別にすっごいしんどいわけでもないのに子宮口が6センチ開いてるのにもビックリですし、子宮口全開になるまで「あれ?もっと大変じゃなかったっけ??」と戸惑っている自分にもビックリでした。

あ、ちなみに母子ともに健康です。

よかった...本当に。

ちなみに12日の19時過ぎに「お腹痛いな、張ってるのかな?」から始まり、22時に20分おきの陣痛になってから病院に行って、そこから約4時間で産まれました。

いよいよ大変だったのはラスト30分で、そのなかでも15分くらいは直近で一番頑張りました...!

頑張った...

頑張ったよみんな...!

 

1日働いたその足で深夜の出産立会いに臨み、尾てい骨を力いっぱい押していきみを逃すお手伝いをしてくれたパパも...!

今回パパの手押しが無かったらかなりしんどかったです。

どうもありがとう、パパ。

 

そして、実家で珍しく「パパにあいたい」「ママにあいたい」と号泣し、夜23時まで「ねない!」とダダをこねまくった息子も...っていうはなしを母から聞いてもれなく私も密かに号泣したんですけど、朝電話で話したら元気そうにしてました。

病室に遊びに来たら「よく頑張ったね」と抱っこしてあげようと思います。

 

そんな感じで、妊婦生活はひとまず終了です。

 

あ、そうそう。

やっぱり本陣痛は呼吸法で痛みを逃すことができました。

そうだよなー。

それと最後に、苦し紛れに12日に陣痛を呼び込むために行ったことを書き逃げしておきます。

そしてまた時間が出来たらちょこちょこ赤子報告をさせていただきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

ありがとうございました!

 

【出産予定日に苦し紛れにやったこと色々】

①自宅で階段の上り下りを5分くらい

②スクワットを5回くらい

③トランポリンで踏み台昇降運動5分くらい

④お昼ごはんに無印カレーのチャナマサラを食べる

(カレーが陣痛ジンクスだと知らずに偶然)

⑤足の裏同士をくっつける形のあぐら

⑥お風呂で母乳マッサージ

⑦赤ちゃんに「そろそろ出てきてもいいよ」という言い聞かせ

 

多分⑦が効いたんだと思います。

赤子への願い、きっと届く...!

やはりどう頑張っても糖を控えなければならない宿命と、前駆陣痛と本陣痛の違いを発見したかもしれないはなし

妊婦健診、行ってきました!

 

なんと、子宮口の開き具合が先週と変わらず「予定日よりは遅れそうですねー」とのことでした...!!!

前駆陣痛もあったのにマジかよという思いでいっぱいです。

ちなみに厳戒態勢で息子を実家に預けた日から前駆陣痛はきておりません。

なんだなんだ...!?ザワザワ...という感じです。

やっぱり息子のときと同じように、私は予定日を過ぎてから産むタイプなのかもしれません。

まぁ、明日が予定日なのでなんとも言えないんですけども。

 

それよりショッキングだったのが、健診の時の尿検査で今回初めて糖が出たことです。

息子のときも出たことがなかったのでかなりビックリしました。

体重はなぜか前回より1キロ弱減っていたので、急に体重が増えたからという訳でもなさそうです。

今日の朝もとくに変わったものを食べた訳ではないのですが、もしかしたらちょこちょこつまんでいる甘いものとかが、一週間の総決算という形で出たのかもしれませんね。

...妊婦のボディーは繊細です。

 

先生からは、「一過性のものだと思うから問題ないと思うけど、一応甘いものは控えた方が良いかもな〜」とのことだったので、またちょっと糖を控える生活に戻りたいと思います...

って、なんだか毎回なんらかの形で『甘いものを控えなければ』っていう話をしている気がするのですが、多分今の私は細胞レベルで甘党なので、普段だったら糖に口がやられて「ごちそうさまです」ってなるくらいの量を普通に美味しく食べられてしまうところが厄介なんですよね...。

でもここまで赤ちゃんと二人三脚...っていうかほとんど一心同体で頑張ったのに、その糖のせいで赤ちゃんに何かあったら悔やんでも悔やみきれないですからね。

あと一踏ん張り節制します。

やったる...!

 

あ、そうそう!

それと、前駆陣痛を何回か体験して本陣痛と前駆陣痛の違いかもしれないことを発見したので記念に書いておこうと思います。

前駆陣痛って、本陣痛と違って呼吸法での痛みの紛らわしが効かないように感じました。

前回息子のときに体験した陣痛は、最初「うっ...!」となって息が止まるくらい痛かったのですが、『鼻から吸って口から細く吐き出す』というヨガの呼吸法をしていたらかなり痛さを紛らわせたので、子宮口が6、7センチのところまでは普通におしゃべりが出来るくらいの余裕がありました。

ですが今回初めて前駆陣痛を体験してみたら、こちらは呼吸法で痛みがなくなることがないので、痛みが来るとずっと「うっ...!」てなってました。

一生懸命ヨガ式呼吸を試みても、一切効かずに痛い、っていう感じです。

まぁ呼吸法が効かない分痛みも陣痛程ではないですが、紛らわせない分地味にダメージを受けます。

 

痛さをやりすごしながら「これはすごい発見をしたかも!」と一人興奮していたのですが、実際はどうなんでしょうね。

関係ないのかしら。

これは、本陣痛がやってきた際に検証してみたいと思います。

やったる...!

前駆陣痛...あぁ、前駆陣痛...というはなし

月曜日の夜中に今までで一番しっかりとした前駆陣痛がやってきて、「とうとうやってきたか陣痛!よし私はいつでも戦う覚悟はできてる...!」という法螺貝でも吹きかねない戦感で腹を決めたのち、まさかの1時間半で痛みが消えて前駆陣痛と判明してから「明日こそ産まれるに違いない...!」とすっかり前駆陣痛ハイになっていました。

 

何日か前から毎晩のように前駆陣痛がやってくるのですがだんだん痛みが強くなっているので、昼夜問わず少し腹がシクシク痛めば「とうとうか!」、腹がギュッと張ったようであれば「そろそろくるか...!」と、なかなか落ち着かない日々を過ごしております。

ただ、月曜の夜中の前駆陣痛は強かった...!

 

そして昨日は息子と実家に遊びに行っており、仕事終わりのパパも合流しての夕飯後に、私にしてはとても珍しくお腹が痛くなったのです。

すっかり腹痛に敏感になっているので、「多分今日の夜中だ... この勢いでいったら産まれる気がする」と真顔で言ったら、出産後の私の入院期間は実家で息子を預かってもらうことになっているのですが、その予行もかねて息子を預かってくれるといってくれたので「夜に起こして移動させるより有難い...!」と思いお願いをした次第です。

思いがけず息子1人でのお泊りデビューになりました。

 

よく遊びにいっている私の実家なのであまり心配はないと思っているのですが、私とパパが帰る前に「ママとパパで赤ちゃんの病院に行くからばぁばのおうちでお留守番しててね」と話したら、こちらを見ずに泣くのを堪えるような顔をして「うん...」というので、私もパパも涙腺崩壊寸前でした。

2歳児ぃ...!

なんて健気なんや...!!

 

ですがやっぱりお見送り玄関先でばぁばに抱っこされながらちょっと泣いており、そんな状況に感極まった私は車の中で涙と鼻を垂らしながら、そしてパパは泣くのを堪えながら帰路についたわけです...。

息子がいない初めての夜ですよ。

『夜に息子がいない』という状況は初めてだったので、パパと「部屋が静かで、広いね〜」と話しつつ、入院の準備の細かいものと実家用の息子の荷物をまとめました。

よし、荷物もまとめたし準備万端だぜ!と今日来るであろう夜中の陣痛に備えて夫婦で早めに眠ったところ、まさかの朝までぐっすりコースでした。

昨日に限って前駆陣痛もなく、気がついたら朝になっていて超ビックリしました。

前駆陣痛...!

気まぐれぇ...!!!

最近毎日来てたじゃん!!

 

何だかそんな感じで「出産兆候は色々とあるけど実際にはいつくるのか本当に分からないね」と悟ったので、いっそいつもと変わらず過ごすことにしました。

もう一度健診を受けることはないと思っていたのですが、気がついたら明日は妊婦健診です。

 

ちなみに、私とパパが帰った後に実家の母から着信があり「何事!?」と思い慌てて掛け直したら、「あのあとすぐに泣き止んで、今はじぃじとばぁばのベッドで元気にしてるから心配しないでね」という連絡でした。

受話器ごしに、息子がじぃじに張り切っておしゃべりしているのが聞こえてきて心底安心しました。

よかった...何だか楽しそう。

ちなみに夜中に2回くらい「パパとママは?」と言って起きたらしいのですが、朝ごはんもしっかり食べ、元気な様子で今日の午前中に帰ってきました。

意外とけろっとしていたので本当によかったです。

これで安心して入院できます。

 

そして前駆陣痛もやってきて、「今日か!? 今日か!?」と陣痛を待つのって、すごく長く感じますね。

明日の健診、どんな感じなんだろう。

ドキドキしながら明日を待ちたいと思います。ドキドキ。

パパが作ったシーフードグラタンと前駆陣痛という、非常に食べ合わせの悪いはなし

今日パパが、前回言っていたシーフードグラタンを作ってくれました...!

 

買い物でちょっと揉めたりとか色々あったのですが、作ってくれたグラタンはとても美味しくて、何だかもう心から「ありがとう...!」という感じでした。

多分、家でゆっくりご飯を食べられるのはあと何日もないと思いますし、今日はなんだか身体も疲れていたので作ってもらえて正直有り難かったです。

 

そして忘れてたんですけど私、グラタン大好きなんですよ。

かといってコンビニとかのやつじゃなくて家庭で手作りした感じのアットホームなグラタンが好きなんです。

『男子ごはん』レシピのシーフードグラタンには、むきえびの他にカニ缶とホタテ缶が入るんですけど、ちょうど我が家に貰い物のカニとホタテどちらの缶詰めもあったので、「このグラタンを作ってもらうために貰ってあったんじゃないの」という奇跡に震えました。

勿体無くて使えずに取っておいた自分に金一封です。

そしてカニがふんだんに入ったグラタンって初めて食べましたけど、やっぱりワンランク上の味がしましたよ!

普段の食卓はモチロン、ちょっとホームパーティーでもいけるくらいのクオリティーでした。

カニとホタテとむきえびですからね。

エビもプリンプリンで美味しかった...。

何かの折にはまた作ってくださいとお願いをしました。

うちのパパ、やればできる子...!

 

そして本格的に、夜中になると前駆陣痛がやってくるようになりました。

昨日の夜中に「あれ、お腹痛い...?」と思って起きたのですが、ちょっと落ちついて様子を見ていたら落ち着いたので胸をなでおろした次第です。

勢いでパパを起こさなくてよかった。

息子のときには、出産前日の朝におしるしがやってきて、「あ、多分明日だな」と思っていたら本当にその日の夜中に陣痛が来てそのまま出産になったんですよ。

そしてその日は予定日の1日遅れでした。

今回は12日が予定日なのですが、何だか早まりそうな気もするな〜と思います。

産婦人科の先生も言っていたけれど、2人目出産とはいえ流れは1人目の子のときと同じようにいく訳ではないので、フレッシュな気持ちでいなければならないようですね。

油断は禁物なので、赤ちゃん第一で過ごしたいと思います。

 

最近は思い出したようにみぞおちの辺りを足で蹴ってボコンボコンしてきます。

なんとなく居心地が良さそうなので何よりです。

今日のルパンレンジャーvsパトレンジャーのコグレ祭りを自宅のテレビでゆっくり観させてくれてありがとう赤ちゃん!というはなし

今回のルパンレンジャーvsパトレンジャーは、ルパン祭り...というかコグレ祭りでしたね!

なんていうか、温水さんの無駄づかい...!!!

 

コグレさん、仕事の前にエスプレッソを飲むのが流儀とかなんと優雅なのでしょう...。

何より前回の次回予告から、息子がたっちの『ちょっとちょっと』に異様に食いついており、「おぉ、この子たち久々だなぁ」と思いつつちょっとだけしか出ないのかと思っていたのですが、しっかりパトレンさんたちとも絡んでいたので何だか不思議な気持ちでした。

何というか特撮の世界って別次元な気がしているので、普通にテレビで見ている人が出てくるとビックリします。

先週のジオウに出てきたアンガールズの田中さんを見たときも同じ気持ちでした。

分かってくれますか、この気持ち。

 

それにしても色んな温水さんが3人も出てくると何だかお腹いっぱいになりますね。

分裂した悪いコグレさん、なんだか色んな意味で嘘みたいでした。

あんなバリバリな温水さんみたことない...!

あんなオールドタイプの暴走族の人見たことない!

って思っていたら魁利くんのツッコミが冷静かつ的確だったのでちょっとニヤリとしてしまいました。

今時の若者ってやっぱりすごい...!

そして『どこにいるか分からない分裂したコグレさんを時間内に3人見つけないと死ぬ』って、これは大変だぁと思いましたがさすが30分番組ですね。
意外と前半でサクサク見つかったので良かったね、と思いました。

 

実は我が家では、コグレさんが変装が得意っていうのが判明したときから「もしかしたらノエルくらいダークサイドの人間なんじゃないのか?」みたいな目で見ているのですが、普段頑張って情報を集めてるっていう話を聞くと、コグレさんがいい人なのか悪い人なのかよく分からなくなりますね。

どうなんだろう...

頼むよ、ノエルもコグレさんもいい人であってほしい。

 

そして今回特に私が盛り上がったポイントが、活躍するルパンのロボを見て悔しがる圭一郎さんのとっつぁん感と、コグレさんにお料理を作ってあげようとする透真さんでした。

圭一郎さんは今日もナイス濁音でしたが、透真さんはダークホースでしたね。

さり気なく「何か作るから食べてく?」みたいなのって、今までの人生で一切ご縁がないのでちょっと憧れるシチュエーションです。

例えそれがお茶漬けとかでも良いんですけど、透真さんはマジでお料理を作れる人なので破壊力もひとしおですね。

なんかついでに妄想すると、透真さんにはチャッチャと作ったのに超美味しいパスタとかオムライスとか出してもらいたいです。

「えっ、この短時間でこのクオリティーのお料理を!?」みたいな、中華一番の審査員みたいなリアクションをナチュラルにやってみたい。

なんとなく彼は、すごく美味しいペスカトーレ的なものを出してくれそうな気がします。

「まぁ!すごく手が込んでる!でも手際がいい!」みたいな、そんなクールな表情に隠された料理人としての情熱を、私は、見たい!!

 

...コグレ祭りはどこへ行ってしまったのでしょう。

お腹の赤ちゃんが気を利かせてゆっくりコグレ祭りを観せてくれたので、あとはこちらのことは気にせず好きなときに出てきてちょうだいね、という心境です。

ありがとう、赤ちゃん!