恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

息子の子育て中でアラサーのナオさんが妊娠生活や日常を綴ったり食レポしたりするブログです。

ミラノコレクションのフェースパウダーと香水について、パトスがほとばしっているので聞いてください。

ミラノコレクション フェースパウダー。
通称ミラコレ。

 

ドラッグストアの予約受付中のチラシを見て、

「こんな高価なパウダーがあるの!?」

といささか引くくらいビビっていたのに、

出来心で買ってみたらマジで素晴らしかったので手放せない、そんな逸品です。

 

私はフェースパウダー、ボディーパウダー共に2018年デビューの超新参者ですが、

多分これからも切らさずに買って使うんだろうなーと思ったので記念に書いておきます。

 

超有名な商品なので改めて説明するのって恥ずかしいのですが...いっちょやってみます。

 

ミラコレは化粧品メーカーのカネボウが、年一度の予約販売をしているおしろいです。

価格は12,000円。

(レフィル付きは20,000円)

12,000円!? と私のようにビビる方も多いと思いますが、

年に一度しか買えない商品ということで、使用頻度や個人差はあるもののだいたい一年くらい使えるような仕様になっています。

 

ややこしいことに毎回3種類発売されており、

1、ドラッグストアなどで買える24グラム入りの通常版

2、取り扱いのある化粧品店で買える30グラム入りのトワニー版

3、デパートのカネボウカウンターで買える30グラム入りのインプレス

があります。

 

通常版は、販売店によって値引き販売されたりしますが、

トワニー版とインプレス版は値引きがないかわりに、保湿成分、美容成分がそれぞれ独自に配合されており、容量も多い...といった感じです。

 

ちなみに私は、トワニー版を買いました。

保湿成分が多いと言われたら、超乾燥肌の私は割引で通常版を買っても後々後悔するような気がしたので、最初から攻めてやりました。

 

結果、私はトワニー版を買ってよかったんだと思います。

 

ドラッグストアで通常版のテスターを化粧直し的に使わせてもらったところ、タイミングもあるのかもしれませんが、その後乾燥でちょっと皮がめくれました。

安定の皮めくれです。

ただ、やっぱり仕上がりは綺麗でした。

皮がめくれてるのにそのほかは綺麗。

そんな状況に驚愕しました。

 

これだったら、肌に潤いがある方だったら通常版で事足りると思うので心底羨ましいと思います。

ドラッグストアで値引きもされるし。

潤いよ、戻れ、私の肌に...!

 

ちなみに私の使い方ですが、ご近所にお買い物など軽くつけるときは

クルクルとブラシに取って顔がサラッとするまで何度かつけるやり方でやってます。

ナチュラルな仕上がりです。

ただ、そのほかのチークとか眉とかリップとかをきちんとすると、ちゃんと化粧してる感じになるのでありがたい。

 

もっと化粧感を出したいときは

パフに2回グリグリくらいの量を取って

パフを下から上に押し付けるようにポンポンとつけるように付けて、最後にブラシで余分な粉を馴染ませるようにクルクル磨き落とすようなかんじでやってます。

 

確か、粉はたっぷり付けてブラシで磨くやり方が本家の推奨だったと思います。

確かに、よりいっそう肌のアラが隠されます。

 

ただし、私も最初そうだったのですが、

ミラコレはフェースパウダーにしたらカバー力はあるし、毛穴だってふわっとぼかされてお肌がキレイに見えるけど、

ファンデーションとは違うので、あまりバッチリな毛穴修正などを期待して買うと、ちょっと違うかな? と思うかもしれません。

私も最初はちょっと期待をしすぎて「あれっ? 思ったより隠れないんだな」 とか思ったのですが、

冷静に考えたらこちらはおしろいですからね。

 

もともとお肌がキレイな方はこれでバッチリいけるくらいの感じですが、

ちょっと毛穴とかがアレな私は、しっかり隠したくなったときにはファンデーションとかコンシーラーとも仲良くしなきゃダメなんだと思います。

そりゃそうだよ。

 

だけど、朝つけたら本当にキレイなままくずれないので基本化粧直しは必要ないところとか、

化粧下地の上に乗せるだけでお化粧顔になるところとか、

何より肌が疲れないので、やっぱり良いなぁと思って使っています。

 

あ! そういえば、通常版・トワニー版・インプレス版、それぞれ保湿成分とかだけでなく香りにも若干の違いがあるようなので、
お好みのものに出会えるとテンションが上がるかもしれません。

ちなみに通常版よりトワニー・インプレス版は香りが強い傾向だそうです。

 

確かに、香水は違いが顕著で、デパートのやつとドラッグストアのやつは全然違う! と思いました。

正直、香りの持ちはどちらもすぐ飛ぶなぁという印象ですけど、

香りのベースはもちろん一緒なのですが、デパートの方がガツンと来るというか、トップノートが複雑な感じがします。

持ちが悪いのを自覚しているからこそ、トワニー版とインプレス版の香水には、4mlのアトマイザーがついて来るのかもしれませんね。

ここぞというときには持ち歩いて付け直しなさいよ、みたいな。

 

なぜ香水のことまで熱く語るのかかというと、

すっかりミラコレに心を奪われた私は、

頂いた商品券を使って百貨店でインプレス版のボディーパウダー(!) を予約購入をしたんですけど...

というか言っててミラコレってほんとに沼みたいですね。

一度ハマるとどっぷり行きますね...

ですが期待を裏切らずボディーパウダーも良かったです。

後悔はしていません。

 

それで、そのボディーパウダーを受け取りに行った際、現在予約受付をしている2019年版の香水を、うっかり出来心で香りを嗅がせてもらったのです。
お風呂上がりのいい匂いみたいな、モロに好みの香りでした。

 

もちろんインプレス版のフェースパウダーも良かったので、

1週間くらい予約を迷ったのですが、赤ちゃんが出て来る記念に...というもっともらしい理由で購入することにしました。

商品券併用でだから出来ることですよね。

 

今年は私、インプレス版デビューをします。

 

パウダーも香水も産後の発売になるので、

パパに取りに行ってもらう約束を取り付けました。(ちゃっかり)

 

どちらも思い出の香りになりますように。