恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

息子の子育て中でアラサーのナオさんが妊娠生活や日常を綴ったり食レポしたりするブログです。

『3月のライオン』に出てくる半熟玉子の作り方で煮玉子を作るととっても美味しい!というはなし

今コツコツ読み返している『3月のライオン』のはなしです。

物語も一気に読みたくなる面白さなのですが、美味しそうなお料理もたくさん出てくるのでニヤニヤホクホクしながら読んでいます。

きっと作者の羽海野チカさんも食いしん坊に違いない。

チカちゃん、大好きだ!(告白)

 

それで、8巻に『半熟玉子完全成功マニュアル』というのが出てきまして、好奇心が抑えられずマニュアルをもとに半熟玉子を作って煮玉子にアレンジをしてみたのですが、本当にトロトロの半熟煮玉子が作れてとても感動しました。

今では我が家のおうちラーメンに欠かすことのできない一品です。

 

ノーマル半熟玉子の作り方としては、ざっくり言うと『冷蔵庫から出したての卵をお湯を沸かしたお鍋で8分間茹で、その後お水につけて冷ます』という感じなのですが、最初の2分はお箸でゴロゴロかき混ぜておくと、黄身が寄らなくて良い感じです。

もうね、最初に8巻でこのマニュアルをみたとき「よくぞこれを載せてくれました...!!」という感じで即行でマネして作りました。

パパも私も煮玉子が好きでラーメン屋さんに行ったら必ずトッピングしていましたが、お水で少し薄めただし醤油に漬けておくだけで、プロが作ったような半熟トロトロの煮玉子が食べられるなんてなんともジューシーな話ですよ。

だし醤油じゃなくても白だしプラス醤油とか、甘めがお好みであれば麺つゆとか、意外なところではうま塩ドレッシングも美味しいという話を聞きました。

何でもアリですよね、基本の半熟玉子があったら。

だってそのまま丼の上に乗せても美味しいもの。

ちなみに物語の中では、豚バラトロトロの角煮丼の上に乗せてました。

もう...!!

絶対美味しいやつ...!!!!

 

たとえ食べられなくても美味しそうなものを見て活力がチャージできる便利なタイプなので、そういう美味しいものが出てくるマンガとか小説ってすごく楽しいです。

しかも今は、お腹の子のために体重が増えすぎないよう腹八分目を心がけているので、代わりに美味しいものを食べてくれる人がいると残り二割分の気が晴れるので有難いです。

なんか、食べたような気がして満足するときが結構あります。

何に騙されているんだろうか、私の脳は。

 

ちなみにチョコとかチョコとかチョコとか生クリームとか、こってり甘いものを食べたくなるときもあるのですが、おやつには例の寒天に黒蜜(と、ちょっとバニラアイス☆)や、果物とかドライ黒豆とか、油分を控えてあれば色々食べたりしているのでそんなにストレスをためずには過ごせています。

とりあえず明日の健診でボディーがどんな様子か見ておかないとなぁ。

 

体重の増え方が正常に戻っていて欲しい...

 

そして正常に戻っていたら一度だけ、いつもの寒天黒蜜バニラアイスに抹茶プリンを乗せて食べてみたいです。(真顔)