恋の滝のぼり 〜育児と食と脳内と〜

息子の子育て中でアラサーのナオさんが妊娠生活や日常を綴ったり食レポしたりするブログです。

あの陽気なメロディーと歌声も、真実を知ったら涙を誘ってくる...

皆さん、幼少の頃はアンパンマンってお好きでしたか?

 

私は、番組の放送開始がちょうどアンパンマンが好きになりそうな幼児期のど真ん中で、毎日毎日、家庭用VHSでアンパンマンさんを観て育ちました。

大好きだったな〜。

 

そんな訳で、私の血を引いた息子も、ちょうど2歳になるかならないかくらいの時期からアンパンマンさんが大好きです。

好きなキャラクターでいうと、ミミせんせいとバイキンマンドキンちゃんといちごだいふくちゃんが好きみたいなんですけど、やっぱりあのマーチを聴くとテンションが上がる様です。

 

そう、あのマーチ。

アンパンマンのマーチですよ。

 

割と本気で悩んでいるんですが、私はあの歌詞を意識すると尊さを感じて涙が出てくるという奇病を患っているのです。

 

症状としては、アンパンマンのマーチの歌詞を意識すると尊さを感じて涙が出てくる、というシンプルなものですが、

おもちゃとかで流れるメロディーはギリギリ大丈夫。

脳内で歌詞がよぎるとアウト、という塩梅です。

奇病ですよ。

 

だから、アンパンマンの映画って一度は子どもと観に行ってみたいなぁと思うのですが、

マーチが流れたら母が泣き、映画に飽きた息子が外に出たいと言い出したりしたら、

タイミングによっては母が映画が観たくてグズって泣いてるみたいな感じになってしまうじゃないですか。

 

私が変なところで泣いたらどうしようとか、息子がほとんど観ないで帰るとか言ったらチケット代金がショック過ぎるとか色々考えると、

アンパンマンの映画には二の足を踏みまくっている状態なのです。

 

しかしこのマーチの涙問題、最初は私も「理由は分からないけど何となく泣けるんだよなぁ」くらいのスタンスでいたのですが、何気なくその旨を学生時代からの友人ママ友に話してみたところ、

「あの歌は、やなせさんが特攻隊の弟さんを想って書いた歌詞だから、それは尊い歌で間違ってないよ」

みたいなコメントが真顔で返ってきました。

 

それは尊いはずだ...!

それを何となく感じ取って涙を流していたのか...!

 

色々思うところはありましたが、「だから愛と勇気だけが友達なのか...」と、自分の中で疑問に思っていた歌詞の辻褄が合った瞬間、

アンパンマンのマーチを聴いて涙を流す確率が、6割くらいから限りなく10割に跳ね上がりました。

もうね、「だから君は飛ぶんだ どこまでも」辺りでこちらは顔が濡れて力が出ない有様ですから。

 

息子はまだ、母が泣いているということを理解していないので、「あれ、ママ、かおぬれてるね」くらいの表情で済んでいますが、ちょっと大きくなってきたら毎回アンパンマンで母が泣くってビックリすると思うんですよね。

 

最近は、アンパンマンのマーチが流れているときは、晩ごはんのこととか欲しい絵本のこととか、関係ないことを考えて気を紛らわせるようにして乗り切っています。

正直しんどい...。

 

病が完治するには慣れしかないのでしょうか...

経験者の方、病を治した方、アドバイスをお待ちしています。